話題

パルワールドはポケモンのパクリ?3つの理由で任天堂は訴訟しない確定?!

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

2024年1月19日17:00に、世界同時アーリーアクセスを開始したサバイバルクラフトゲーム『パルワールド』。

スタートして3日で400万本突破、同時プレイが110万を記録するなど、今勢いに乗っています!

そんなパルワードに、ポケモンのパクリではないか?とパクリ疑惑が浮上しているのをご存じでしょうか?

今回は、パクリ疑惑が騒動になっているパルワールドに対して、任天堂が訴訟しない3つの理由を挙げてみました。

1/25、㈱ポケモンによる新たな動きがありました。(↓追記分あり)


スポンサーリンク

パルワールドのパクリ疑惑とは?

パルワールドの公開ビジュアル


日本のゲームベンチャー企業・ポケットペアが開発するSteam向けオープンワールドゲーム『パルワールド』。

パルワールドとは、不思議な生物「パル」を集めて、戦闘や建築、農業をさせたり、工場で働かせたりするサバイバルクラフトゲームです。

1月19日にリリースされ、21日のSteamのランキングで「世界で最もプレイされているゲーム」「世界で最も売れているゲーム」でそれぞれ1位を達成しています。


モンスター育成ゲームの要素も兼ね備えていて、パルワールドに登場する「パル」がポケモンのキャラクターにそっくりでは?と国内のみならず、海外からもパクリ疑惑の声があがっているようです。


気になるパルワールドのPS5・Switch版の発売日についてはこちらの記事にまとめてあります↓
>>パルワールドのPS5・Switch版の発売日はいつ?対応機種・価格まとめ!

ポケットペアについて

この『パルワールド』というゲームを開発したポケットペアとはどんな会社なのか?

ポケットペアは、東京都にあるゲームの企画、開発、運営を行う日本のベンチャー企業です。

【会社概要】

会社名 ポケットペア
本社所在地 東京都品川区東五反田5-22-33TK池田山ビル3階
事業内容 ゲームの企画、開発、運営
設立 2015年4月
代表者 代表取締役社長 溝部 拓郎
従業員数 61名
資本金 100万円
会社ホームページ 株式会社ポケットペア

代表取締役社長の溝部氏の経歴はこちら ▼

溝部氏の経歴


溝部氏は、2010年に任天堂のゲームセミナーでDSの開発に携わった経歴をお持ちだったんですね。

また、設立して8年という比較的新しいベンチャー企業であることも分かります。


パクリ疑惑に関するネットの声

ここで、パクリ疑惑に関するネットの声を見ていきましょう。

それでは、一体どんなところがパクリと言われているのか、比較一覧を見ていきましょう!


スポンサーリンク

パルワールドはポケモンのパクリ?比較一覧

それでは、パルワールドに登場する「パル」たちとそっくりなポケモンの比較一覧をご覧いただきましょう!

パルとポケモンの比較画像
引用:X(旧Twitter)
パルとポケモンの比較画像
引用:X(旧Titter)


こちら右側がポケモンに登場するキャラクターで、左側がパルワールドに登場する「パル」です!

いかがでしょうか?

かなり特徴を捉えていて、配色などもそっくりじゃないの…


あくまで一部の紹介ですが、他にもキャラクターが酷似しているという意見が多く見られています。


スポンサーリンク

任天堂が訴訟しない3つの理由

ではなぜ、ここまで「ポケモンのパクリ!」と騒がれているのに、任天堂は訴訟に踏み切らないのでしょうか?

過去にも数々の訴訟に勝ち抜いてきた『最強の法務部』とも称される、任天堂の法務部が動かないのはなぜなのか?

そこには、考えられる3つの理由がありました。

理由①:まだ正式に発売されていないから

1月19日にアーリーアクセスを配信スタートした「パルワールド」ですが、実際には、正式に発売されたものではありません。

現時点で、対応プラットフォームはXbox One/Xbox Series X|S/PC(Steam/Microsoft Store)。

任天堂SwichやPS(プレイステーション)4・5などには、対応していないのです。

開発者インタビューでは、

「発売できるのか」というのは少し過激な質問ですが、弊社は真剣にゲーム作りに取り組んでおり、当然ですが、他社の知的財産権等を侵害する意図は全く御座いません。法務のレビューも受けており、現時点で他社様から何らかの具体的なアクションを頂いた事も御座いません。

https://automaton-media.com/

とコメントしていて、あくまで現時点ではパクリ疑惑による是正勧告や注意などは受けていないという主張ですね。

しかし実際に、発売ともなると、何かしら動きが出てきそうな予感はします…


理由②:あえて泳がせている

過去にも、パクリ疑惑などの裁判で、勝訴してきた任天堂の『最強の法務部』がこの騒動を知らないはずありませんよね。

そうなると、現段階ではまだ、パルワールドの動きを探っているところなのかもしれません。

このような意見もあるように、あえて今は泳がせておいて、今後、新たなパクリ疑惑の証拠や訴訟理由が確立されれば動きがあるかもしれません☝


理由③任天堂はパルワールドを脅威と思っていない

元々『パルワールド』の開発メンバーは3~4人ぐらいだったそうで、構想はポケモンのからヒントを得たんだとか。

実際に、インタビューでも

個人的には『ポケモン』と『パルワールド』を比較するのは恐れ多いぐらい、『ポケモン』は素晴らしいと思っています。

開発者インタビュー:溝部氏

このように、ポケモンを意識して開発したことを認めた発言をしていらっしゃいます。


しかし、対する任天堂はどうでしょうか?

今や世界中で愛される「ポケットモンスター」は1996年の誕生から現在までにもたらした、累計経済規模は1,000億ドル(約13兆円)といわれています。

パルワールドは、ポケモンに比べて知名度や市場での規模も圧倒的に小さく任天堂にとって大きな脅威になるとは考えにくいでしょう。

法的措置を行うことによって、逆に『パルワールド』の宣伝になることを懸念して、訴訟を起こさない考えなのかもしれません☝


あくまでこれらは、筆者の推測にすぎませんが、現時点でも任天堂が訴訟を起こす動きがないことは明らかです。

スポンサーリンク

㈱ポケモンが新たに声明発表!←追記(1/25)

1月25日、新たな動きがありました!

ポケモン社の声明文

他社ゲームに関して、ポケモンに類似しているというご意見と、弊社が許諾したものかどうかを確認するお問い合わせを多数いただいております。弊社は同ゲームに対して、ポケモンのいかなる利用も許諾しておりません。

ポケモン社の声明文より

ここにおける他社ゲームというのは、「パルワールド」のことを指します。

同ゲームに対し利用の許諾をしていない。という文章から、ポケモンの著作権の利用許可を出した覚えはない。という意味の声明を発表していますね☝

また、つづけて

ポケモンに関する知的財産権の侵害行為に対しては、調査を行ったうえで、適切な対応を取っていく所存です。

とコメントを出していて、調査の上、問題が確認されれば訴訟を起こすつもりよ?という内容の声明を出しました。

任天堂ではなく、㈱ポケモンが直接問題とされている会社に対して、動くという意志を出しましたね☝

今後また新しい動きがあり次第、こちらに追記します🖊



スポンサーリンク

まとめ

さて、今回はパルワールドはポケモンのパクリ?任天堂が訴訟しない3つの理由とは?と題して、今世間を騒がしている件についてご紹介しました。

  • パルワールドを開発した会社はポケットペアという日本のベンチャー企業
  • ポケットペアの代表取締役社長の溝部氏は任天堂のDS開発に携わっていた
  • パルワールドに登場する「パル」がポケモンにそっくりでパクリ疑惑が浮上

また、これらのパクリ疑惑があるにも関わらず、任天堂が訴訟しない理由は

  • (パルワールドが)まだ正式に発売されていないから
  • あえて泳がせている
  • 任天堂はパルワールドを脅威と思っていない

これらの3つの理由から訴訟には踏み切っていないのではと考えられます。

1/25に㈱ポケモンが調査の上、適切な対応を取るといった声明を発表しました!←追記分


今後、また新たな動きにも注目していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました^^

気になるパルワールドのPS5・Switch版の発売日についてはこちらの記事にまとめてあります↓
>>パルワールドのPS5・Switch版の発売日はいつ?対応機種・価格まとめ!

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

-話題