エンタメ 歌手

【理由3選】渋谷すばるの個人事務所廃業はデマだった!?本人がXで廃業を否定!

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

元関ジャニ∞のメンバーで、旧ジャニーズ事務所を退所後、現在ソロ活動を行なっている渋谷すばるさん。

12月19日、渋谷すばるさんの個人事務所が11月24日に廃業していたというニュースが報じられました。

関ジャニ∞時代は、メインボーカルとして独特でありながらも多くの人を魅了する歌声で活躍されていましたが、現在はどうなっているのでしょうか?


渋谷すばるの個人事務所廃業がデマではないのか?と考えられる3つの理由についてもご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

渋谷すばるの現在までの経緯

渋谷すばる

2018年12月、旧ジャニーズ事務所を退所。

2019年4月、自身のレーベル「World art」を立ち上げ、同時にワーナーミュージック・ジャパンよりデビュー。

2019年10月、事務所退所後、初の作品である1stアルバム『二歳』を発売。

2021年5月、自身のファンクラブ向けのブログで結婚を発表。

2022年3月、ワーナーミュージック・ジャパンとの契約が終了。

2022年4月、レーベル「World Art」と同じ名前の個人事務所を設立。

2023年3月31日、株主総会の決議にて事務所解散が決定。

2023年8月、自身のソロアーティスト活動5周年を記念し、タワーレコード渋谷店でポップアップショップ『すば基地〜The Secret base〜Vol.1』を開催。

2023年11月23日、清算結了。

2023年11月24日、個人事務所「World Art」が閉鎖。

※下線部分は、ニュース記事による情報を記載。

果たして、ニュース記事に書かれた内容は本当だったのでしょうか?

スポンサーリンク

【理由3選】渋谷すばるの個人事務所廃業はデマだった!?

ここからは、渋谷すばるの個人事務所廃業はデマだったのでは?と考えられる3つの理由についてご紹介したいと思います☝

理由①本人が廃業を否定


廃業についてのニュース報道があった3時間後に、渋谷すばるさんは自身のX(旧Twitter)で廃業を否定されています。

「ぼくは廃業なんかしてない!」という表現で、日頃から大切にしているファンに向けての渋谷すばるさんなりの最大限の表現方法だったのではないかと考えれます。


理由②来年のイベント実施が決まっている

babu会開催決定の知らせ
引用:オフィシャルサイト

オフィシャルファンクラブイベント「babu会 vol.3」

<公演情報>

2024年3月19日(火) 大阪・Zepp Osaka Bayside(OPEN 18:00 / START 19:00)

2024年3月20日(水) 大阪・Zepp Osaka Bayside(OPEN 15:00 / START 16:00)

2024年4月10日(水) 東京・DiverCity (TOKYO)(OPEN 18:00 / START 19:00)

2024年4月11日(木) 東京・DiverCity (TOKYO)(OPEN 18:00 / START 19:00)


渋谷すばるさんの公式サイトでも記載があるように、来年3月~ファンクラブイベントが実施されることがすでに決定しています。

もし、個人事務所が廃業していたら、このような大規模なファンクラブイベントを開催すること自体が難しいのでは?と考えられます。

なので、事務所が廃業しているというのはデマなのでは?というように考えられます。


理由③YouTube配信や音楽活動が続けられている

渋谷すばるさんは、2019年4月に自身のレーベル「World art」を立ち上げ、ワーナーミュージック・ジャパンとも契約しデビューを果たされました。

2022年3月にワーナーミュージック・ジャパンとの契約が終了してしまいますが、翌月には、レーベルの「World Art」と同じ名前の個人事務所を設立されて活動を続けてこられました。


もしも、この個人事務所が廃業してしまっていたら、音楽活動を続けることは難しくなると想像できますよね。

しかし、渋谷すばる OfficialというYouTubeチャンネルでは、3ヶ月前のイベント時の動画がアップされていたり、これまでに作られた楽曲のMVなども変わらずに配信されています。

ここまでの活動を継続できるのは個人事務所がきちんと機能しているからと考えられるので、廃業はデマなのでは?と思われます。


スポンサーリンク

まとめ

ライブ中の渋谷すばる

今回は、【理由3選】渋谷すばるの個人事務所廃業はデマだった!?と題して、考えられる3つの理由についてご紹介しました。

  1. 本人が廃業を否定
  2. 来年のイベント実施が決まっている
  3. YouTube配信や音楽活動が続けられている

これらの理由から、今回の廃業に関するニュースはデマだったのではないか?と考えられます。


とはいえ、イベントを楽しみに待つファンの方にとっては、「本当にイベント実施されるよね?」「今後も音楽活動続けていけるよね?」と不安になりますよね。

おそらく近日中に、渋谷すばるさん本人の口から、このことについて語られることでしょう。

渋谷すばるさんのことを応援する側としては、静かにその時を待ちましょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

-エンタメ, 歌手