エンタメ

【動画4選】常田俊太郎のバイオリンの腕前は?3度コンクール入賞の実力がヤバい!

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

常田俊太郎さんは、東京大学工学部卒業株式会社ユートニックの代表取締役を務める若手実業家で、バイオリニストとしても活躍中です。

弟は大人気ロックバンドKing Gnu(キングヌー)のリーダー・ギター兼ボーカルの常田大希さん

常田俊太郎さんの家族は、いわゆる音楽一家で、父はジャズピアニスト・母はピアノの先生でクラシックピアノを演奏していたそう。

今回は、常田俊太郎さんの知られざるバイオリニストとしての才能が気になる方のために、東大卒のバイオリニスト・常田俊太郎さんのバイオリンの腕前とは?その実力が分かる動画を4つまとめてみました!

常田俊太郎さんの人柄や魅力が分かるおまけ動画もあり!

それではどうぞご覧ください^^


スポンサーリンク

常田俊太郎は東大卒のバイオリニストだった!

常田俊太郎さんは、冒頭でもお話したように、東京大学工学部卒バイオリニストです。

ピアノの先生だった母親の影響で4歳から習い始め、中学生時代は毎日5、6時間の練習。また、レッスンのために3週間に一度、住んでいた長野から東京にも通うほどバイオリンに打ち込んでいたそう。

周囲は「もちろん芸大(東京藝術大学)、受けるよね?」という雰囲気があったそうですが、高校2年の冬、進路を決める際に「バイオリンだけに絞るのはちょっと……」という気持ちが常田さんにはあったようです。

そこで、常田さんが目指すことにしたのが東京大学でした。

理由すごすぎませんか・・・

《常田 俊太郎氏のバイオリンにおける受賞歴》

第17回クラシック音楽コンクール全国大会5位入賞。
第60回全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門東京大会入賞。
第9回江藤俊哉ヴィオリンコンクールジュニア部門全国大会3位


常田俊太郎の簡単プロフィール

常田氏のバイオリン画像
  • 名前:常田 俊太郎(つねた しゅんたろう)
  • 生年月日:1990年6月6日(33歳)
  • 出身地:長野県
  • 出身校:東京大学工学部卒
  • 身長:180cm
  • 職業:実業家(株式会社ユートニックの代表取締役)、音楽家(バイオリニスト)

現在の本業は、IT企業 株式会社ユートニックの代表取締役を務めていて、アーティストが活躍できるプラットフォームづくりを手がけているそう。

弟・大希さんが主宰する音楽プロジェクト『millennium parade(ミレニアムパレード)』でオーケストレーションも担当されています。その他にも、King Gnu、Vaundy、米津玄師、加藤ミリヤなどの楽曲にレコーディング参加している音楽家です。

2020年2月23日の情熱大陸にも、常田大希さんの兄としての彼の姿が放映され"イケメンだ"と話題になりました。

あの歌手のMVにもバイオリン出演していた!?

常田さんがレコーディングに参加したのが、米津玄師さんの「KICK BACK」のMV
印象的なバイオリンを奏でているのが常田俊太郎さんだそうです☝



【動画あり】常田俊太郎のバイオリンの腕前

それでは、常田俊太郎さんのバイオリンの腕前をご覧いただきましょう!

今回、実際に演奏されてる姿の動画を4つまとめてみました^^

遥海 - Pride (Strings and Piano Reprise) teaser

まず最初はこちら、遥海 - Pride (Strings and Piano Reprise) teaserの映像です。


常田さんがプロデューサーを手掛ける姿も見れる貴重な映像ですね☝



Ginza sony parkの【Park Live】江﨑文武|Ayatake Ezaki

そして次は、Ginza sony parkの【Park Live】江﨑文武|Ayatake Ezaki の映像です。

※常田さんのバイオリンパート9:20~再生されます。他に、27:12~も常田さんのパートがあります。

夜に部屋を暗くしてしんみり聴きたいです…


WARHOL KYOTO SESSIONS Vol.1

そして最後は、WARHOL KYOTO SESSIONS Vol.1の映像です。

※常田さんの演奏が始まる1:21~再生されます。

チェリスト村岡苑子さんとのストリングスがとても素敵🌟

※ストリングス = 弦楽器の集合体

おまけ映像

おまけで、Fresh Face#297で紹介された常田俊太郎さんの映像もどうぞ!
Fresh Faceとは、さまざまな分野で第一線を走るフレッシュな人々を紹介しているキューピー提供のYouTubeチャンネルです。


音楽を愛するファンとアーティストの架け橋になるビジネスをされてるんですね!

4歳からバイオリンを始めて、今もなお表舞台に立って活躍されている常田俊太郎さんのバイオリンは、繊細で深みのある音色が特徴的で、その腕前は語るまでもなく素晴らしいです👏


常田俊太郎さんは、「純粋な音楽家としての活動は全体の(仕事量の)1、2割」とインタビューで答えており、大半を占めるのが"音楽家を支える仕組みづくり"を作っていく、株式会社ユートニックでの仕事だとおっしゃってました。

弟・大希さんの音楽を自らのビジネスで支えていきたいという気持ちもきっとあるんでしょうね☝

まとめ

今回は、東大卒のバイオリニスト・常田俊太郎さんがバイオリンを演奏する動画をまとめてみました!

私も初めて見ましたが、顔もイケメンで普段は経営者の顔をもつ常田さんが、真剣な眼差しで繊細にバイオリンを弾いてらっしゃる姿にとても惹かれました////

音楽の才能は両親譲りで、バイオリンの腕前が素晴らしいことも映像からお分かりいただけたと思います^^

今後のご活躍がますます楽しみです♪

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

-エンタメ