季節もの

早川太貴のWikiプロフ経歴まとめ!公務員で最速150キロ投手のドラフト注目選手!

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

今回は、2023年ドラフト注目選手・早川太貴投手のWikiプロフ経歴をまとめたのでご紹介します。

普段は公務員として働いてる!?

最速150キロのストレートを投げる日ハムのドラフト有力候補?

それでは、さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

早川太貴のWikiプロフ・経歴まとめ

2023年ドラフト注目選手・早川太貴投手のプロフィールをご紹介します。


名前早川 太貴(はやかわ だいき)
生年月日1999年12月18日
年齢23歳 ※2023年10月時点
出身地北海道江別市
身長/体重185cm/95kg
投打右投右打
ポジション投手
球速最速150キロ
球種ストレート、スプリット
出身校大麻東中学校→大麻高校→小樽商科大学

普段はウイン北広島でプレーする現役の公務員

早川太貴投手、実は意外な経歴の持ち主で・・・

普段は、北海道北広島市役所の福祉課現役の公務員として働いていらっしゃいます。

早川太貴投手は、「ウイン北広島」という社会人チームに所属していますが、野球だけの給料では生活が苦しいため、現役の公務員として日々奮闘しているんだとか・・・

ますます応援したくなりますね。


大学卒業後から、北広島市を活動拠点にしている「ウイン北広島」に加入し、エースピッチャーとして活躍中。

ドラフト会議2023で指名を勝ち取り、プロ入りすることを目標に掲げ、日々トレーニングに励んでおられます。


独学のトレーニングで球速10キロアップ!

全体練習が行われる水曜日と週末は午前3時に起床し、4時半から2時間ほど汗を流すという早川太貴投手。

オリックス・山本由伸投手も行っているやり投げの練習を導入するなど、独学でトレーニングに励んでいます。

その甲斐あって、約二年間で球速は10キロもアップし、最速150キロのストレートを記録、ドラフト候補に名乗りを上げました。

身長185cm、体重95kgというガッチリした体格から繰り出されるストレートとスプリットを武器に、ドラフト一位指名への期待が高まります。

スポンサーリンク

早川太貴の野球の実績・成績とは?

ここでは、早川太貴投手の野球の実績・成績について迫っていきましょう✊

故郷の北海道江別市にある公立校(大麻東中学校・大麻高校)出身の早川太貴投手は、中学まで軟式野球をしていて、大麻高校2年生だった秋、エースの証である背番号1を託されます。

高校時代、甲子園などの全国大会に出場経験はないものの、この頃から「北広島に硬式と軟式の二刀流に挑戦中の投手がいる。」と噂になっていたそうです。

また、小樽商科大学時代は4年間でリーグ戦8勝を挙げるなど華々しい経歴をもっています。

北広島市職員として軟式野球でプレーし、全日本自治体職員等野球選手権大会で準優勝🌟
JABA北海道大会で優勝3回を誇る、強豪・室蘭シャークスとの試合で9回途中無失点の好投を見せたほか、北海道地区クラブ選手権にてMVPを獲得するなど、プロ入りへの期待が日に日に高まっています!


スポンサーリンク

早川太貴のドラフト逆指名は日本ハムファイターズ

news zeroに出演した際に、「ドラフトで選んでもらえたならどこのチームでも行こうと思っている。ただ、一番は(日本ハム)ファイターズに入れたらいいなと思ってます。」と語っておられました。

これだけ将来有望なピッチャーなので、地元の北海道日本ハムファイターズを中心に各プロ球団から熱視線を送られていることは間違いなさそうですね☝


スポンサーリンク

早川太貴のドラフト候補に対するネットの声

最後に、早川太貴投手のドラフト候補に対するネットの声を集めてみました!






早川太貴投手の伸びしろ十分な本格派右腕に、地元・日本ハムのスカウトのみならず野球ファンも注目し始めてますね^^

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、10月26日に行われるドラフト会議の注目選手・早川太貴投手についてのWikiプロフ経歴まとめをご紹介しました!

公務員からのプロ入りは、1971年に大洋(現DeNA)に入団した高木由一氏のケースがありますが、もし指名されれば北海道関連選手では初の快挙だそう☝

早川太貴投手は、無事ドラフト指名され、夢を叶えることはできるのか!?

あさって開かれるドラフト会議に注目が集まります!

最後までご覧いただきありがとうございました^^

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

-季節もの