エンタメ スポーツ

比江島 慎選手の母親の死因は?第一発見者は誰?

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

今回は、バスケ男子日本代表パリ五輪出場決定の立役者でもある比江島 慎(ひえじま まこと)選手

そんな比江島 慎選手を女手一つで支えた母・淳子さんは2018年に急逝しています。

比江島選手の母親は、なぜ亡くなったのか?死因や第一発見者について…

そして、墓前で誓った母との約束について調べてみました!


スポンサーリンク

比江島 慎選手のプロフィール

比江島選手の画像
引用元:https://twitter.com/ntv_basketball/

  • 名前:比江島 慎(ひえじま まこと)
  • 生年月日:1990年8月11日生 33歳
  • 出身:福岡県古賀市
  • 出身校:千鳥小学校→百道中学校→洛南高等学校→青山学院大学
  • 所属:宇都宮ブレックス
  • ポジション:SG(シューティングガード)
  • 身長:191 cm
  • 体重:88 ㎏
  • 血液型:O型
  • 好きな食べ物:チキン南蛮、カレー
  • 趣味:漫画、カラオケ、スラムダンク
  • 好きな女性のタイプ:佐々木希・川口春菜(理想高っ)

特に今回のワールドカップで比江島選手の光ったプレーがこちら↓

比江島慎選手の家族構成

家族写真
引用元:nishinippon.co.jp

比江島選手の家族構成は、母・兄(章さん)の三人家族です。

父親については、幼い頃から母子家庭で育ってきたことから、亡くなったか離婚されたかではないかといわれています。

お父さんの写真がありませんが、目元や笑った顔がお母さんそっくりですね。


母・淳子さんは、清掃業をして朝から夜遅くまで働きづめで家計を支えていました。

そのため、比江島選手はお母さんと一緒に食卓を囲んだ記憶がほとんどないそう。

いつも作り置きをチンして食べていて、外食に行くのも年に何回かのチェーン店…

しかし、比江島選手は、お母さんについてこのように語っています。

「いつでも僕たち兄弟を照らしてくれる、太陽みたいな存在でした。性格が僕と真反対で明るい人でした。めちゃくちゃ大好きでした」

https://news.yahoo.co.jp/


スポンサーリンク

比江島慎選手の経歴

比江島選手がバスケットを始めたのは、3つ年上である兄(章さん)の影響でした。

小学校に入ってすぐ、兄(章さん)と同じミニバスの「古賀ブレイス」へ加入し、練習がない日は兄弟でバスケットゴールがある公園まで行って暗くなるまで1対1を続けていたとか^^

この頃からめきめきと力をつけていった比江島選手は、中学生になる頃には兄(章さん)の身長を抜いていたそう。

今まで、母・淳子さんが試合に見に来ることはあっても、兄が来てくれた記憶はなく、大学4年生のインカレで初めて試合会場で兄(章さん)の姿を見たとき、「え?・・・なんで?」ととても驚いた比江島選手。

「弟への嫉妬」が原因で不仲説がささやかれていましたが、本当は淳子さんと一緒によく試合を見に行っていたそう。

試合後すぐに帰り、比江島選手に話しかけに行くことがなかったので記憶になかっただけで、比江島選手が中学生になった頃には、すでに弟を応援する気持ちだったという兄(章さん)。

比江島選手が中学生の頃、校区外の強豪校に通うために家族で引っ越したりと、家族みんなで比江島選手のことを全力でバックアップしてこられたんですね!

そして、2012年に日本代表に初選出。しかし、2019年に開催されたワールドカップの大舞台では、プレッシャーに負け、本来の力が発揮できず悔しい思いを経験。

日本が世界で勝てない時代も、代表の中心選手として引っ張ってきたベテラン選手です。


愛されキャラでいじられキャラ?

比江島選手は、チームの最年長33歳。

周りのチームメイトは、河村 勇輝選手(22)や渡邊 雄太選手(28)や富樫 勇樹選手(30)など、若い選手が多い中で、年下からも「まこ!」という愛称で呼ばれ、インタビューの際はよくいじられています。

チームメイトとの関係性がよ~く分かる動画がこちら↓

年の差を感じさせないいじりっぷりにこちらがヒヤヒヤするほど(笑)

しかし、ファンの間では、比江島選手のいじられ愛されキャラは有名な話☝

自他ともに認める、口下手でシャイな性格。

でもプレーでは魅せる。そんな比江島選手の凄さをチームメイトは知っているからこそ築ける信頼関係なんでしょうね^^

本当に人との壁を作らない、受け入れる姿勢を持ってるのが他の選手との関わりを見てると伝わってきます。

思い出の体育館。伝説の始まり

アクシオン福岡の画像
引用元:https://sports.yahoo.co.jp/

比江島選手は、今年5月ワールドカップ前にリフレッシュのため福岡に帰省していました。

その時に訪れたのが、「アクシオン福岡」。ここは、古賀ブレイスに所属していた小学生時代、女手一つで比江島家を支えた母・淳子さんが仕事を休んで応援に駆けつけてくれた決勝戦が行われた体育館だった。

一度も勝ったことがない強豪チームを下して、全国大会出場の切符をつかむと、勢いそのままに全国優勝を達成!

「お母さんのパワーはすごいですよ!」と照れながら話した。

「お母さんがあの決勝の観客席にいなかったら勝てていなかったと思う。今の僕があるのは、お母さんが見てくれた決勝で優勝したから。」と語る比江島選手。

比江島選手の伝説の始まりは、この体育館からだったんですね。


スポンサーリンク

比江島慎選手の母の死因は?

そんな日本代表をけん引する大活躍の比江島選手を悲劇が襲います。

2018年4月12日、母・淳子さんが急に亡くなったのです。死因は、心臓発作による突然死でした。

57歳という若さでした。

持病などはなく、本当に突然の別れだったようですね。


第一発見者は比江島選手本人

ある日、『ごはん作っておくね!』とLINEが来ていて比江島選手が家に帰ると、台所で母・淳子さんが倒れていたそうです。

すぐに救急車を呼びましたが、もうその時にはすでに意識がなかったそう。

最愛の母の死を受け止めることができなかった比江島選手ですが、なんと10日後にはコートに復帰。

後に比江島選手は、

「泣きながら試合をしている状況ではありました。でも、お母さんは自分がバスケをしている姿を喜んでみてくれてたので、いつまでも落ち込んでいられないなって気持ちを整理しました。」

と語っておられました。


比江島選手と母・淳子さんが歩んできたこれまで

幼い頃から働きづめだった母の代わりに、ご飯以外の家事は兄弟で分担していたそう。

兄弟二人をミニバスに通わせるため、とにかく身を粉にして働く子ども想いで素敵なお母さんだったんですね。

どんなに忙しくても、大事な試合の日には仕事を休んで毎回駆けつけてくれたようです。

その献身的なサポートの甲斐あって、比江島選手は大学卒業後、2013年アイシンシーホース三河(現:シーホース三河)に入団。その年、日本代表にも初選出されます。

そして、またその年、母・淳子さんは、コンサルティングマネジメント会社「ステラリアン・バスケットボール株式会社」を設立しました。

この会社は、比江島選手の海外挑戦の夢を応援するため、スケジュール調整やグッズ販売、イベント企画などの全面サポートするために立ち上げられたもの。

今は、兄(章さん)が事業を引き継いでおられます。

そして、親子で長年の夢だった海外挑戦の夢が叶います。NBL(海外リーグ)オーストラリアへの移籍決定でした。

しかし、決定したのは、2018年の8月。母・淳子さんが亡くなった後の出来事でした。

2018年のシーズンMVPに選ばれた時のスピーチは、多くの人が涙しました。


淳子さんが常々口にしていたという「世界のために、子供たちのために、誰かのために」

これは今でも、初心と周りへの感謝の気持ちを忘れない比江島選手の教訓となっています。


スポンサーリンク

母の墓前で誓った約束とは?

墓前に挨拶する男性の画像
引用元:https://sports.yahoo.co.jp/


淳子さんが亡くなった後、シーズンが終わるごとや節目がある度、お墓参りに来るという比江島選手。

「ここに来ると、力をもらえるというか。パワースポットで、帰ってきたなという実家みたいな大切な場所」と語っていました。

「4年前(のワールドカップ)は本当に何もできず、ダメダメでした。そのあと報告に来た時は、お母さんにかなり心配をかけたかも。今度は絶対に世界で1勝して、お母さんを笑顔にしてあげたいと思います!」と意気込んで、さらに続けた。

「沖縄に連れていって、(決勝トーナメントが行われる)フィリピンにも連れていきます!」


最愛の亡き母の墓前で、世界を相手にリベンジを誓ったのでした。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、バスケ男子日本代表 比江島 慎選手を女手一つで支えた母・淳子さんはなぜ亡くなったのか?死因や第一発見者について…墓前で誓った母との約束について調べました。

パリ五輪出場に向けた予選で、比江島選手のプレーを見て感動と興奮が止まりませんでした。

最年長ながら、気迫あるプレーとチームを引っぱる得点率。圧巻でしたね!

かと思いきや、試合後のインタビューでは、くしゃっとした笑顔でコメントしている姿を見てプレー中の比江島選手とのギャップにやられてしまいました^^

そんな比江島選手の強さのワケは、母・淳子さんと歩んできた軌跡や突然の別れを乗り越え、ただひたむきにバスケ一筋でやってきたからだといえますね。

来年の2024年7月27日から行われるパリ五輪が待ち遠しい!!日本みんなで一致団結して応援しましょう!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

-エンタメ, スポーツ