ニュース

平澤俊乃は頂き女子だった?3つの理由からパパ活だったことが確定か!

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

5月8日に以前からストーカー被害を受けていた和久井学容疑者に、新宿区のタワーマンション敷地内で刺殺された平澤俊乃さん(25)。

都内でガールズバーを経営するなど、様々なことが明らかになってきましたが、

ネットでは一部、平澤俊乃さんが「頂き女子だったのでは?」という疑惑の声があがっています。

本当に、平澤俊乃さんはいわゆる【頂き女子】だったのか調べてみました。

3つの理由からパパ活だったことが確定か!?

スポンサーリンク

平澤俊乃のプロフィール

プロフィール

  • 名前:平澤 俊乃(ひらさわ としの)
  • 年齢:25歳
  • 職業:無職(元ガールズバーの経営者・ライバー?)
  • 住所:東京都新宿区西新宿5のタワーマンション

今回、新宿区にあるタワマン敷地内で起きたショッキングな事件。

51歳の和久井学容疑者と25歳の平澤俊乃さんの関係性は

平澤俊乃さんが経営するガールズバーの常連客

だったと言われています。

数年前からストーカー被害を受けていたということですが、そこには男女の金銭トラブルがあったようです。

次で詳しく見ていきましょう☟

スポンサーリンク

平澤俊乃は頂き女子だった?

その後の警察の調べによると、

「お金を取り返すために行った」と供述している和久井学容疑者。

1,000万円以上を平澤俊乃さんに貢いでいたということも明らかになっていることから、

「頂き女子か?」と噂されていますが、本当なのでしょうか?

頂き女子とは?

下心のある男性と懇意になって適当な口実で男から金を無心する女のこと。
頼られたい・甲斐性があるところを見せたい・あわよくば男女の仲になりたい、という男の恋心や下心を、金儲けに利用する。

※以下は、平澤俊乃さんが頂き女子であったことを証明する内容ではありませんので、

あくまで疑惑であるということをご理解の上、最後までご覧ください。

①無職なのにタワマンに住んでいた

被害女性の身元が明らかになり、報道された際、

無職:平澤俊乃さん

とテロップがあったことから、平澤俊乃さんが無職であったことが判明しています。

しかし、平澤俊乃さんが住んでいたのは事件現場となった新宿区のタワマンです。


60階建ての賃料が最低20万円~のタワマンであることから、どう考えても無職の人が住むのは難しいですよね。

よって、頂き女子の手口で、お金を取っていたのではないか?ということが考えられます。


スポンサーリンク

②1,000万円以上貢がせていた

以前、平澤俊乃さんが都内で経営していたとされるガールズバーの資金として応援するために1,000万円を和久井学容疑者が用意したといわれています。

このことから、頂き女子の定義にもある

頼られたい~という男の恋心・下心を、金儲けに利用する。

という和久井学容疑者の気持ちをうまく利用したのでは?ということが考えられます。

やはり、1,000万円という高額な金銭のやり取りはトラブルに発展しかねませんね。

③結婚の約束をしていた

頂き女子だったのか否かの、重要な決め手にもなり得る「結婚の約束をしていた」という部分。

一部の報道によると、

和久井学(51)容疑者は、女性から結婚話を示唆され、見返りにお金を要求されていた。

このように結婚話をちらつかせて、その代わりにお金を要求していたとすると、結婚詐欺である可能性も否めませんね。

しかし、あくまで和久井学容疑者の一方的な供述によるもので、真実かどうかはこれからの調べで分かっていくことと思います。


スポンサーリンク

平澤俊乃に対する世間の声

それでは、ここで「頂き女子」や「パパ活」と噂される平澤俊乃さんに対する世間の声を集めてみました。

このように「自業自得」「結婚詐欺」などと、加害者に同情するような声があがっていますが

どんな事情・理由があっても人を殺めていいことにはなりませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、平澤俊乃は頂き女子だった?と題して、調べた内容をまとめてお届けしました。

  • 無職なのにタワマンに住んでいた
  • 1,000万円以上貢がせていた
  • 結婚の約束をしていた

これらのことから、「頂き女子なのでは?」という疑惑があがった可能性が高いことが分かりました。

実際に、平澤俊乃さんが頂き女子という認識だったのか分かりませんが、パパ活ともとれる行動であることは確かですね。

ただし、どんな理由があれ、平澤俊乃さんが殺されても仕方なかったという理由にはなりません。

ご冥福をお祈りいたします。


加害者である和久井学容疑者に関する記事はこちらから▼

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ニュース