エンタメ 芸能

櫻井海音は「VIVANT」で何役だった?主人公・乃木の若い頃を熱演し話題!

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

櫻井海音さんは、あの話題作「VIVANT」にも出演されていたとの事ですが、何役で出演されていたのでしょうか?

この記事で分かること

  • 何役でどんな役どころだった?
  • 何話から登場したの?
  • 「VIVANT」での演技の評価はどうだった?

これらについて、調べた内容をまとめましたので

どうぞ最後までご覧ください👀

スポンサーリンク

櫻井海音のプロフィール

まずはじめに櫻井海音さんについて簡単なプロフィールをご紹介します!

櫻井海音

プロフィール

  • 名前:櫻井 海音(さくらい かいと)
  • 誕生日:2001年4月13日
  • 年齢:22歳(2023年12月時点)
  • 出身地:東京都
  • 身長:173㎝
  • 血液型:O型
  • 趣味:フットサル
  • 特技:サッカー、ドラム
  • 事務所:ソニーミュージックアーティスツ


櫻井海音さんは、Mr.Children(ミスチル)の桜井和寿さんの長男で、母親は、元ギリギリガールズの吉野美佳さんです。

(一番左が、ドラムの櫻井海音)

元々「Kaito」という名義で、「インナージャーニー」のドラムとして音楽活動をされていました。

しかし、10/6のワンマンライブを最後に、バンドを脱退されることを決意。脱退理由は、俳優業との両立が困難になったためでした。


スポンサーリンク

櫻井海音は「VIVANT」で何役だった?

ミュージシャンで俳優の櫻井海音さんが、主役級の俳優さんが数多く出演することで話題になった日曜劇場「VIVANT(ヴィヴァン)」に出演することが決まりました。

櫻井海音さんの役は、堺雅人さん演じる乃木憂助の若い頃・丹後隼人役で出演されていました。

どんな役どころだったのか詳しく見ていきましょう☝

どんな役どころだった?

櫻井海音さんの役は、「VIVANT」の物語の鍵を握る人物・乃木憂助(演:堺雅人)の若い頃(18歳)の丹後隼人役。

なぜ、乃木の若い頃なのに、役の名前が違うのか?

それは、乃木は幼い頃に養護施設で育ったという出生の秘密があったからでした。


重要人物であり、主役の青年時代を演じるという難しい役どころに挑戦されました。


何話から登場した?

そんな丹後隼人役を演じる櫻井海音さんが登場したのは、第5話からでした💡

物語が動き出す、ストーリーの中盤から登場し、一気に盛り上がりました。



追加キャストが決定してから、櫻井海音さんの「出番はいつ?」と出演を楽しみに待つファンも多く見られましたね。


スポンサーリンク

櫻井海音の「VIVANT」での演技に対する世間の反応

それでは、櫻井海音さんの「VIVANT」での演技はどうだったのか、世間の反応を見ていきましょう。



櫻井海音さんの演技は、世間からかなりの高評価が得られていました!

そして、何より話題になったのが、VIVANTの堺雅人さんと髪を短くした櫻井海音さんがそっくりだということでした。

比較画像がこちら ▼

(左:VIVANTの堺雅人、右:櫻井海音)

確かに、キリっとした目元や輪郭や体格までもがそっくりですね☝

NHKの連続テレビ小説「エール」や、Netflixの「君に届け」の数々の作品に抜擢されるなど着実にキャリアを積まれています。

今後、俳優業に専念していくことを決意された櫻井海音さんの活躍に期待が高まります!

最後までご覧いただきありがとうございました^^

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

-エンタメ, 芸能